関東幡多の会のご案内about us

関東幡多の会とは

幡多地区の地図

「幡多」とは、高知県西部地区の四万十市宿毛市土佐清水市黒潮町大月町三原村四万十町の旧大正町と旧十和村を指します。
「関東幡多の会」は「幡多」の7市町村を対象に活動しています。
「関東幡多の会」は、「幡多」の出身者と縁故者、応援者を会員に、親睦を図りながら、相互に協力して、相互の発展と郷土の泰平、併せて郷土の発展に資することを目的に、平成24年3月10日の発起人会を経て平成24年6月30日設立し、活動しています。
毎年5月頃に、都内で総会・交流会を開催しています。また、幡多地区へのツアーなどのイベントを実施ししています。会の活動では関東高知県人会のご協力を得て進めています。

会長あいさつ

中野正三

会員の皆さまにおかれましては、益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。
平素は関東幡多の会の活動に格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。関東幡多の会は高知県旧幡多郡の出身者と縁故者、応援者を会員に親睦を図りながら、相互に協力して、相互の発展と郷土の泰平、併せて郷土の発展に資することを目的に活動しています 。旧幡多郡では高知県全体もそうですが、減少する人口に対して対処する必要がありますが、現時点では残念ながら食い止めることができていません。本会では会員相互の懇親だけでなく、旧幡多郡の経済を地元の企業と連携した取り組みを行ったりしたいと考えています。人口減少には微力ではありますが、移住促進もしていきたいと考えていますので、引き続きご支援ご指導を賜りますことをお願い申し上げます。

関東幡多の会
会長 中野 正三

幹事のご紹介

幡多支部長 上岡 貞夫

関東幡多の会 幡多支部では、7市町村をこれからは一つにまとめ、大きく発展に向け自然と調和を図り綿密に取組んでいきます。
何と言っても何処にも負けない素晴らしい大自然があります、そして多くの著名人が幡多の中から生まれており本年から色々な特色を生かした観光事業が各市町村で計画されております、そのお手伝いを幡多支部もご協力させて頂きますので宜しくご支援を賜りますようにお願い致します。

副会長 久禮 孝博

土佐国は、「日本書紀676年条項」に記述されるように古代から流刑地であったようで流刑者には藤原師長、土御門天皇、尊良親王、源頼朝の弟・源希義など権力闘争の敗者で、死刑者の都に対する反権力思想と自由主義は土佐の土壌で育まれ、やがて幕末に芽を吹き近代の幕開けへと開花した。先人の足跡とその伝統へ学び、微力を求めたい。

相談役 平田 一郎

出身地:四万十市中村
出身校:高知県立高知工業高等学校
経歴:
関東高知県人事務局長(2011~2015)
東京黒潮会副会長(2008~2018)現顧問

幹事長 山﨑 進一

関東幡多の会・総会及び交流会にご出席いただいており誠にありがとうございます。

会計監事 山崎 益宏

黒潮町上川口出身(S.21年生まれ)
「一期一会を大切にし悔いのないように生きる」
「人は材なり」の誠心で出会いに感謝して心に刻み瞬間を楽しみ大切に。

事務局長 立目浩文

会員の皆様、平素より会の運営に際し、ご支援ご協力を頂き、誠に有り難う御座います。
今度ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

幹事

佐野 正倫

清水高校は2019年で創立70周年を迎えます。

佐藤 正子

生涯現役を目標に。身もこころも頭も元気でいたい。

会計 石丸 芳子

幡多の会は、郷土愛の強い方が多く懐かしい空気に包まれる空間です。

田渕 雄一

中小・中中・中高卒の中村っ子です。
東京での単身赴任歴は5年目です。
幡多出身の方々とこちらで、飲む酒は格別ですね。

高木 三千年

私は宿毛市小筑紫町栄喜(さかき)生まれで、今は廃校になりましたが、宿毛市立栄喜小学校、同市立小筑紫中学校、高知県立宿毛高校の卒業です。東京では工具メーカーの創業から営業畑40年強勤務し、現在葛飾柴又の渥美清さん主演の男はつらいよのモデル店の高木屋老舗に務めています。

小谷 昭仁

会員の皆様に愛され、皆さんの笑顔に出会える。
そんな幡多の会です。
皆さんも是非ご参加下さい、心よりお待ちしております。

橋本 正博

故郷を出て早40星霜、住んでなくても本籍地は四万十町(旧窪川)にこだわり、今でも頭の中は土佐弁と青い空だけ。少年時代の夏休み、朝から晩まで鮎を追った四万十川が原点です。
高知のためになることには何でも挑戦します。

関東幡多の会 発起人
関東幡多の会 発起人
2012.3.10
会員募集中
詳しくはこちらをご覧ください
ページの先頭へ